よくある質問

◆◇ パワーストーンについて ◇◆

●パワーストーンとは何ですか?
・・・天然石全般のことを指します。願いを叶えるサポートや、行動や考え方などによりよい変化を促すために身につけるといい影響があるとされています。
石にはそれぞれの波動や成分があり、それが微細に影響することからそう呼ばれています。

●パワーストーンを持つと本当に願いが叶うのですか?
・・・持った石によって、気持ちが変化したり、やる気になったり、落ち着いたりなど、体感がない人がほとんどですが、変化や影響があります。
自分に今必要なサポートを取り入れて、努力や行動をしやすいように、また調子を整えていくなどのツールとして捉えるといいと思います。
「土を掘るときに手で掘ると時間がかかるがシャベルで掘ると早い。」石はそのシャベルのようなものです。
目的を成功させるためのツール(道具)なのです。石は一生懸命サポートしていますので、うまく取り入れて願いを叶えられるようにしましょう。

●どのように選べば良いのですか?
・・・自分で選ぶ場合は「とても気になる」「これを身につけたい」という思い
など惹かれるものや直感で感じるものを選ぶのをお勧めします。
また、どうしても叶えたい事のサポートが欲しい場合は石の意味や効果効能によって選ぶのがいいでしょう。
その場合は自分が今身につけたいと思わない色や質感の場合もあります。

●パワーストーン同士での相性の善し悪しってありますか?
・・・全くないとは言いませんが、宇宙から見れば小さな惑星を協力し合って構成している
同じ鉱物の仲間です。喧嘩をするようなことはありません。

●パワーストーンはたくさんあってもよいのでしょうか?
・・・たくさん欲しているときやたくさん着けたい時は持ちたいだけ持ってかまいません。
また、いろんな種類があることで、その日の自分の気持ちや調子に合わせて組み合わせて持つ事ができます。
力は量と大きさに比例します。ブレスレットを作っても実はもっと必要としていることもあります。

●色が変わってしまったり傷ついたりした場合は?
・・・色が悪くなったりくすんだりした時は身代わりにネガティブなものや、良くないことを吸収してくれています。
色がもし悪くなっても、守ってくれたのでよかったことと理解しましょう。また、持ち主とリンクして生き生きしてもとより綺麗に輝くこともあります。
このように色が変わったり、傷ついてしまった時はまずしっかり浄化してあげてください。そのあと引き続き身につけるかどうかは、専門の人に聞くのもいいでしょう。
聞ける人がいない場合は、自分で嫌な感じがしたり、もう身につけたくないと思うようでしたら使用を止め、処分するようでしたら土や海、川など地球へ返してあげてください。

●パワーストーンのお手入れ方法を教えてください。
・・・水晶が全ての石を浄化します。水晶の原石や、さざれに数時間乗せてしておきましょう。
原石などで、水にぬらしてもよいものは水で洗って大丈夫です。ブレスレットは濡らすとゴムの劣化につながりますので水ではあらわないでください。
浄化の仕方では水晶以外では、ホワイトセージの葉で燻す、太陽や月の光あてるなどもあります。


◆◇ ブレスレットについて ◇◆

●パワーストーンのお手入れ方法を教えてください。
・・・どちらにしても大丈夫ですが、左から石のパワーや情報を取り入れ、右でそのパワーを出すと言われています。
パワーを自分のものにするために、最初の1~3ヶ月くらいは左手にするのをお勧めします。

●重ね付けしても大丈夫ですか?
・・・重ね付けはいくつしても大丈夫です。

●色んな石を混ぜたブレスレットでも効果はありますか?
・・・混ぜてもありますが。パワーは大きさと量に比例する部分はありますので、効果を大きくしたいときはそれに当てはまる石を多くするのが良いでしょう。
またいろんな地価を必要としている時は色んな石を混ぜて作るなどその時の自分に合わせて作るのをお勧めします。

●ブレスレットの最適なサイズを教えてください。
・・・こちらで作る時は手首のサイズに2~3ミリほどゆとりを持たせて作ることが多いですが、
着ける方の好みですので、ご自分の心地いいサイズに作るのが1番いいと思います。
 〈詳細はこちらのページをご確認ください〉

●入浴時や就寝時など、ずっと身に付けていても大丈夫ですか?
・・・入浴時はゴムの劣化に繋がりますのでお外しください。また、入浴は汚れを落とす為のものですから、そのお水に浸けることもお勧めいたしません。
就寝時につけていたいときはつけていても構いませんが、1日のどこかで外して浄化の時間も取ると良いでしょう。

●ブレスレットの浄化方法を教えてください。
・・・水晶が全ての石を浄化します。水晶の原石や、さざれに数時間乗せてしておきましょう。
水に濡らすとゴムの劣化につながりますので水には浸けないでください。
その他の浄化の仕方では、ホワイトセージの葉で燻す、太陽や月の光あてるなどもあります。
塩に乗せるというのもありますが、これも塩に弱い石がない場合のみです。

●破損してしまったのですが、修理はしてもらえますか?
・・・はい。いたします。info@lunacce.comまでお問合せください。

●破損は悪いことですか?
・・・身代わりになってくれた、守ってくれたということが多いです。
また、自分のエネルギーが変わってきて、違う石に変えていくタイミングを石の方が、切れたりして教えてくれることがあります。

タグ

なし