2018年9月29日(土)・30日(日)2Daysブルース・モーエン「アフターライフ・エクスプロレーション」~死後探索~ワークショップ レベル1

 
48,000 
E00000059
在庫切れ

「アフターライフ・エクスプロレーション」~「死後探索」  

創設者:ブルース・モーエン氏

2018年9月29日(土)・30日(日)2Days

ブルース・モーエン メソッド

「アフターライフ・エクスプロレーション」~死後探索~ワークショップ レベル1

トレーナー:ブルース・モーエンメソッド公認トレーナー(BMトレーナー協会会長)原田 祥乎様

2Days 受講料 48.000円 (再受講者 20.000円)

残席 3名

◯*・..。..・*◯*・..。..・*◯ 死後探索とは・・・ ◯*・..。..・*◯*・..。..・*◯

「死後」というと怖いと思われる方もいるかもしれませんが、驚くことはありません。
私たちが最近ではよく言う、スピリチュアルな世界、
たとえば・・・
天使のいる領域、
高次元、
宇宙、
マスターやガイド、
神と繋がるという領域
など 皆さんが繋がりたいと思っている領域と同じです。     

       *

亡くなった方のいる世界も
それと全て同じところ、意識領域です。
つまり、このワークショップは死後(アフターライフ)を含む、天使やガイド、マスターなどの存在する

様々な世界(意識領域)へ繋がることのエクササイズなのです。
皆さんが繋がりたいと思う、「天使」や「高次元」、「マスター」などは「エネルギー体」で
肉体を持たない存在ですので、普段私たちの目には見えません。
亡くなった方々も同じエネルギー体となりますから、目には見えません。
そのエネルギー体の存在する意識領域、つまり高次元と普段呼んでいるところへのアクセスのメソッドを学びます。

       *

世の中には、大切な方を亡くして悲しい思いをされてる方がたくさんいらっしゃると思います。
大切なパートナー、ご家族、友人、ペットなど・・・
そして、
最後に言葉を交わすことができなかった
伝えたい事があったのではないだろうか
伝えたい事がある
今どうしているのだろうか
聞きたかったことがある
亡くなったペットと会話をしたい、思ってたことを聞きたい。
など、
決して解決されることがないだろうと思っていたことが・・・
知りたいと思っていたことが
確かな手がかりがつかめたり、どうなっているのかがわかったり、
だんだんと解決できるなど、そのようなことにも役立てられます。       

    

         *


このワークは、亡くなった愛する人に会いたい。との思いで参加されてる方がとても多くいらっしゃいます。
また、人生を共にした大切なペットと繋がりたい、気持ちを知りたい、淋しい思いをしていないかなどの
心配を癒やすことも可能になっていきます。
また、そのような事で苦しんでいらっしゃる方々に変わって、
知りたい情報を聞きに行ってあげることも可能になるのです。
初めての方でも大丈夫です。特に何の経験がなくても気になさることはありません。
気兼ねなくご参加ください。

◯*・..。..・*◯*・..。..・*◯ *・..。..・*◯*・..。..・*◯ *・..。..・*◯*・..。..・*◯

様々な存在とのコンタクト・

チャネリング・

リーディング・

ハイヤーセルフとコンタクト・

リトリーバル(救出)・

ヒプノセラピー・

過去世・自己ヒーリング

私がこのワークをお薦めするのは理由があります。
上に書いたように、たくさんの種類に分かれて、その名前ごとに学ぶ機会と場所があります。
ですが、このブルースの「アフターライフエクスプロレーション」を1つ学ぶことで
果てしなくたくさんの所へ足とお金を運び学びに行かなくても良いという事なのです。
メソッドを学び、その能力を開花させていくことによって
かなり幅広いスピリチュアルな能力のスキルを磨くことができます。

         *

この、ワークは
レベル1,「アフターライフ・エクスプロレーション」(死後探索コース)
レベル2,「パートナー・エクスプロレーション」  (パートナー探索コース)
レベル3,「セルフ・エクスプロレーション&セルフ・ヒーリング」(自己探索・自己ヒーリングコース)
と3段階あります。
レベル1からトレーナーによって、しっかりと意識領域での探索をし、情報を持ち帰れるようにと
丁寧に指導していただき、最終段階レベル3までのステップアップの準備を確実にしていきます。
この死後探索のワークを学び習得することで
高次の意識領域にアクセスすることを学びますので、
リーディングやチャネリングなどのスキルを研ぎ澄ましていくことにもなるでしょう。
嬉しいところは、しっかりとメソッドとして学べるところです。
受講した後も、各自くり返し、精度を上げていくことができます。
Lunacceでは、レベル3までワークを行っていく予定です。

         

また、このワークの中で、主にレベル1では、「リトリーバル」と言って、亡くなった方の魂を救うお手伝いと
身近な亡くなった方(家族、友人など)を訪ねることを学びます。
これは、高次の意識領域に存在するヘルパースピリッツにアクセスして、お願いします。
魂を救う必要のある方を、ヘルパースピリッツと魂を繋げてあげるという、
スピリチュアルな世界でのお仕事をお手伝いします。
また、身近な方では、もう会うことができないと思っていた人へインタビューをすることが可能になります。
あなたのまわりの人が会いたいと思っている人にインタビューして、他の人の願いをかなえてあげることもできますね。
            *
そして、レベル2では、他の人と同じ意識領域や人にアクセスするエクササイズや、
レベル3ではブロックの解除や前世療法。
今、自分はこうして現世に生きているけれども、星の数ほどある過去世で、
つらい経験によりブロックの中に閉じこもったままの自分の過去世があったり、
過去世の影響を知らず知らず受け、精神的に、現実的によからぬ影響を受けている、現世でなぜか克服しにくいことがある、
ブロックがかかっている。など
そのような自分自身の過去世でのブロックを解除、過去世で癒やされていない自分の魂をセルフヒーリングも出来るようになります。
捕われた自分自身をも救出し、いわばヒプノセラピーと呼ばれる前世療法にも繋がっていきます。
このアフターエクスプロレーションを学ぶことで、いくつもにタイトルが別れている
スピリチュアルの世界で活かせるスキルを全般的に学び、身に着けることができるでしょう。

             

今回のワークショップは、ブルース・モーエンメソッド公認トレーナー(BMトレーナー協会会長)の原田 祥乎さんが講師として来てくださいます。
「そんなことができるようになるのだろうか・・・」と思われる方も多いかと思います。
もちろん、繋がっていくところに到達するのは個人差もありますので、一人一人違います。
早い方もいれば、少しずつだんだんに進んでいかれる方もいらっしゃいます。
その日にいろいろなコンタクトができる方、最初は少しの情報の方、見えたものは少しでも、証拠となるような
確実なものが得られるなど・・・
様々です。
どんな方も、トレーナーをされてる方々も、また創始者のブルースも、最初はそう思われたそうです。
トレーナーがしっかり丁寧にゆっくりと指導してくださいます。
練習などもしていただくことで着実に習得し進んで行けますのでその点はどうぞご安心くださいませ。

              

「亡くなった家族や愛する人に会いたい」

「亡くなったあの人は今どうしているのだろうか?」

愛する人を失って、生きる気力を失っていた方が、繋がることが出来、
リトリーバルを体験して、愛する人からのメッセージを受け取り、生きる方向性を見出していく・・・
死後探索は、亡くなった人たちを救うだけではなく残された生きている人たちをも救っていきます。
        
              *

感想・体験記・レベル1、死後探索を受けて  田中美藍

このワークを終えて思うことは、スピリチュアルな意識領域に繋がる感性が研ぎ澄まされていくということを、

私たちにしっかりした、わかりやすいメソッドで習得していけるというのが、どんな人にとってもとてもいいと思いました。
ワークを終えた後には、何か変化を皆が感じ、意識領域へ繋がる蓋や扉が1つ又はそれ以上開く感じがしました。
そして現実と目に見えないスピリチュアルな意識領域は分けて話されがちですが、1つのワンネスだということも
よくわかってきます。

レベル1を終えて、未成仏の見知らぬ人のリトリーバル(救出)を体験し、
また、自分や知人の亡くなった人を訪ねることも思いを遥かに超えた感動でした。

「レベル1においての リトリーバル体験記」
「死後探索のワークで体験してきました」

 ~体験談~

2日間は「死後探索~アフターエクスプロレーション」
のレベル1のワークでした。

長野からトレーナーをお呼びして
私も学ばせて頂きました。

これを学べば、チャネリング、リーディング、前世療法、
体の回復、ガイドとの繋がり、などいろいろなことを
網羅して学べるからお薦めですと豪語してまいりましたが、
ほんとです! ほんとでした。

今回レベル1という初歩段階でしたが、
細かく説明していただき、しっかり私達が納得してわかるところまで
ゆっくり教えて下さいました。

絶対みんなできるようになると思いました^^

しっかりと基礎知識を教わり、早速2日目に実践です。
何かを見て、情報を持ち帰れるのかと、とても不安で緊張しました。
きっと、何もわからないんだろうな~と思いながら挑みました。

「リトリーバル」という、まだ魂が安らいでない、亡くなった方の所へ行って、そこから救出して安らぐ所へ移動してもらうというものです。

つまり、わかりやすく言うと、成仏出来ていない方。未成仏のかたですね。
というと「怖ーーーー」と思うかもしれませんが

怖くないです。
怖くなかったです。
お化けとかでなく、亡くなった事がわかっていないのです。
例えば亡くなることをわかっていて病院で亡くなったとしても、
急な事故で亡くなってよくわかってなかったり。

そういう方たちは、亡くなったことを知らないので、
生きていたときと同じように違う次元で生きている姿で生きています。
例えば病院のベッドにいるままだったり、事故に遭う前のままだったりします。

救出をしてくれる天使などのヘルパーの役割の人に間に入ってもらい、繋いでもらいます。


どうやらヘルパーがやって来ました。
誰の所に行くかは、ヘルパーが決めます。
私の所にまず来てくれたヘルパーは、天使でした。
真っ白なお月さまのような目や口などの顔はない天使。

第9階級の天使だと言っていました。
大天使の1つ下の「天使」ですね。

誰に導くかは、このヘルパーが決めます。
なので、とにかくこのヘルパーについていきます。
ドレスを掴むような感じで、飛んでる後をついていきます。

しばらく闇の中を通った様な感じで、
突如開けて出た先は・・・

なんと火の海でした。

実際の感覚で、絶句!

見てすぐわかりました。
山火事です。しかも、多分、かなり広大な。
でも私の視点からなので全貌は見えません。
まるで山火事の中に降り立った感じです!
自分の目の前でとても逃げられないような大きな火が燃え盛っていて、
温度まで感じる。
そしてものすごい恐怖。

えっ  えっ  初っ鼻からこんなすごいところ??と思いました。
だってどう考えたって 山火事で亡くなった人ってことだよね?と。
私はここへ来たことで焼け死にそう!   頭には「怖い!」の1文字。

火を本当に目の前で見ている・・・
何故意識領域のはずなのに、本当に直面してるように怖いのか。
こんなの見たことない。
絶対逃げられない
死んでしまうかも!怖い。

実際に自分の心臓が動悸に近い鼓動になりました。


でも待って! 本当じゃないはず!
(そう思うまでに結構時間がかかりました)
ここから逃げられるはず!と思ってみる・・・ そう思おう!
でもリアルすぎて、かなりパニックになっていました。

少し冷静さを取り戻すと、まだ天使は移動を続けていて、
火事のないところまで行きました。
少し安心します。
でも私はいずれ迫ってくる火事を恐れていましたが、
ここで自分の意思がここげは現実になるというのを思い出し、
我に返り、

山火事が迫ってくる方向に、「そこからはこっちに来ない」
という壁をイメージで作って自分を安心させました。

火事が来ていない、静かなところへ出ました。
まるで山火事など思いもしない、きれいな静かな山の中。

向こうに見える、雪をかぶった高い山、
どうやら日本にはない高い山なのがわかる。
まわりにあるたくさんの針葉樹林の森、
針葉樹林の遠く向こうに、その氷のような色の高い雪山はそびえたっています。
その山の方から流れてくるきれいな冷たそうな小さな川。やっぱり日本ぽくない。。。
山がすごく高い。

その小さな川のほとりに男性がいます。
ジーンズにタンガリーのシャツ。白髪混じりのもしゃもしゃの髭。

背はそんなに高くなく、二重の優しそうな目。
ここはどこか聞いてみました。
「アメリカ」 「見えてる山はロッキー」と答えてくれました。

  

↑ イメージとして、左のように針葉樹林の間の細い川。写真のように大きな岩などはない感じ
そして川の向こうの奥には 単独で切り立っている高い雪をかぶった山の山頂が見えていました。
右の写真は針葉樹の形がとてもぴったりしています。川は左の写真の幅くらい小さいものでした。

トレーナーの誘導により、いろいろと質問させてもらいました。
川の上の方に自分で木で家を作って一人で暮らしているのだそう。
私:1人で寂しくないの?
「森にずっと長いこと住んでると、小さな動物とかが慣れてきて
いつも側にいる。だから寂しくはない。」

年齢は42才、20代後半からいるから10年以上、もうここで暮らしている。
その時なのか、森に来た年なのかはわからないけど
1955年というキーワードをもらいました。


証拠のために、1つコインを頂けますか?というと
見せてくれたものは、銀貨で、左を向いた横顔の男性、
厚みのある横顔で、とても短い髪型のコインをくれました。

お家に見せてもらいに行くと、手作りの丸太小屋。
今そう言わないかな 
ログハウスですかね?

中は雑然と細かいものがたくさん所狭しとありました。
私:何かお手伝いすることはありますか?というと
「洗濯」。
長いこと森にいるので洗剤がない。
私持ってますよ。となんでも出せるので、差し出します。

どうしてここにいるの?という質問には、
口ごもって、まだ会ったばかりの私には言えないようでした。
そして、言葉にしたくないような雰囲気も。。。

あなたに会ったとわかるものを見せてください。と言うと、
おもちゃのような車掌さんが吹くような笛。妹さんがわかるんだそうな。

そして、それとケースに入った指輪。
あげられてないエンゲージリング。。。。
ふと入ってきた感情は悲しいもの。
もしかして、その恋人は亡くなってしまった??
そこから この山へ・・・??

それらを見せてくれました。

いろいろお話をさせてもらい、

さて、そろそろこの方を、やすらかなところへとお連れしないと
なりません。
快く行ってもらうために、ヘルパーにも協力してもらいます。

今回は、この森にやはり小屋を建てて住みたい人がいるから
家を建てることを手伝って欲しい。とお願いすることにしました。
ヘルパー天使がその「小屋を建てたい人」です。
素早く変身してくれます。

彼は快く、いいよ。と言ってくれて、
その建てたい場所連れて行きました。

そう。
実はこれで、いわゆる「成仏できてない」所から
「成仏した」ところへと移行してもらったのです。

そこにいる大工さんのような仲間に彼を引き渡し、
私はペルパー天使に訪ねました。

 
私: 一体彼はどうしたの?

彼は山火事の大きな大きな煙にまず飲まれて、彼は意識を失い、彼が知らないうちに亡くなったのでしょう。
人知れず暮らしていたので、多分そのことも誰もわからないままかもしれないとのことでした。

また、傷をもったまま1人で長く生きていた。とのこと。

私: なぜ、私に彼を会わせたのかと聞くと、

「彼と同じ気持ち、心を持っていたから」

それを聞いた瞬間、うっ・・と涙が出そうになりました。
彼の気持ちが言葉でなく、心でわかったような気がします。
心の何かにヒットしました。

バ行やは行が入った地名が関係しているようでしたが

私の知識が足りないらしく、それを具体的な地名に置き換えるのはわかりませんでしたが

ロッキーの近いところでは、バンクーバーなどなのかもしれません。

だけど、不思議なのはほんとにそこに行ってきたみたいな臨場感。

火事を見てほんとに心拍数が上がったのを憶えています。

そして時間が経っても、本当に彼に会って色々な話をしたような感覚が今も残っていて、実感があります。

この後、検証できることはしてみました。

ロッキーを良く知らない私は検索してみました。

そしてロッキー山脈が4000キロ以上もあることを知り、驚きました。

ロッキーのどこやねん!という感じです。

また、コインを調べてみると、この写真にあるルーズベルトのコインのことだったようです。

向き、横顔の厚さ、髪の短さなどが一致していました。

1955の年にも製造されていたようです。

山火事は結構起きているんですね。またロッキーが広大なので特定するのは難しかったですが、

飛行機事故による火事の可能性もありました。

ワークを受ける前まではちょっと怖いと思っていたリトリーバルも、

思いがけず深い感動をもたらされるものでした。

時に、知らぬ人を救出し、また、自分の身近な人を救出し、

そして自分の前世で知らず知らずにとどまっている自分の一部を救出し、

このワークを受けた後は、今までの自分と違う自分にも出会えます。

自分自身の大きな変化とも出会うことになると思います。

日時:2018年9月29日(土)・30日(日)2日間(このワークショップは両日とも参加していただくようになります)
受講料:2日間(16時間) 45,000円
(再受講者は 20.000円)

時間:両日とも10:00~18:00

講師:ブルース・モーエンメソッド公認トレーナー(BMトレーナー協会会長)原田 祥乎様

場所:新浦安Lunacce 地図:http://bit.ly/1t2y2SH

定員:8名(残席 3名)

   

<お申込み>

ご購入の手続きをしてください。

支払方法は銀行振込のみになります。

ワークショップ代金は事前振込み又は、当日現金でのお支払をお願い致します。

※クレジットカード決済は選択しないようにお願い致します。
※クレジット決済をされた場合はやむなく手数料分の2000円を追加でお支払いただくこととなります。
 予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

★場所  Lunacce/Atlantis East
JR京葉線・武蔵野線 新浦安駅下車 徒歩2分(東京ディズニーランド舞浜駅隣) 
千葉県浦安市美浜1-9-2 パシフィックマークス新浦安5階
(新浦安駅北口・ブライトンホテル隣)
地図はこちら

開催場所:Atalantis East /Lunacce(姉妹ブランド)

千葉県浦安市美浜1-9-2パシフィックマークス新浦安5F
TEL:090-6341-6425

HP:http://www.lunacce.com/
地図:http://bit.ly/1t2y2SH
【最寄駅】JR京葉線・武蔵野線
   新浦安駅下車 徒歩2分
(東京ディズニーランド舞浜駅隣)
東京駅から約20分

駅からの近道(新浦安駅構内にあるジュースバーの横の小さな改札から出て、右方向に進み、突き当りを左に行き階段を降りて外に出て下さい。
左方向に見える信号を、ローソン側へ渡ります。そのローソンが入っているビルの5Fです。入り口はローソンを右の方へ行くとあります。)
*地下鉄東西線の浦安駅とは異なります。ご注意下さい。